ニキビと肌質

ニキビと肌質

ニビキができやすい人は、自分はオイリー肌だと思っている人が多いようです。しかし、普段は乾燥肌や敏感肌の人でも、一時的にオイリー肌になることがあり、そんなときにニキビができやすいのです。

 

また、肌の油分は、もとから多いわけではなく、乾燥が原因になっていることも多いものです。油分のバランスにも注意しておきたいところですが、それよりもっと気を遣いたいのは肌の乾燥状態なのです。

 

肌が乾燥する原因

 

生まれたときには水分でみなぎった肌も、年齢を重ねると共にうるおい成分が抜けていってしまいます。肌のうるおいをつかさどる成分が分泌されにくくなってくるため、肌のバリア機能も低下していきます。

 

このことにより、外敵に弱くなった乾燥肌は、ますます肌荒れしやすくなるのです。肌が乾燥してくると、体が水分不足を察知して皮脂を分泌するように促します。すると過剰な皮脂が分泌されて毛穴につまり、ニキビとなってしまうのです。このような悪循環を防ぐためには、肌の保湿を十分に補うケアを考えなければなりません。

 

肌質を整える

 

人によって肌質は異なりますが、要は水分と油分のバランスを整えることが大切です。ターンオーバーがうまくいっていれば問題はないはずですが、様々な要因から肌の再生機能が衰えてしまうことがよくあります。

 

正常な状態にない肌は、古い角質がたまって新しい角質を表面に出してくれません。内側からのケアと外側からのケアに気を配ることによって、肌質は整えられてきます。自分にとっての最適な肌質を見つけて、コントロールするようにしてください。