続発性不妊症とは

続発性不妊症とは

不妊症の一種に、続発性不妊症というものがあります。二人目不妊とも呼ばれ、一人目はスムーズに妊娠することができたにもかかわらず、なかなか二人目を妊娠できない状態を指します。

 

一人目の子どもの世話が少し落ち着いて、そろそろ二人目をと考えているのに、思うように妊娠せずに不妊症を疑って産婦人科を受診するというケースがよくあります。

 

二人目不妊の原因の一つは、加齢です。特に最近は、結婚する年齢も上がっていますから、初産自体が30代中盤以降という人も少なくありません。第一子の出産が遅いので、第二子を妊娠しようと考えるときには卵子も子宮も老化が始まってしまっているのです。受胎する能力が衰えてしまっていますから、なかなか妊娠しないというわけです。

 

加齢以外でも、二人目不妊になる原因はあります。最初の分娩のときに感染症を起こしてしまったり、産後にクラミジア感染を起こしてしまった場合でも妊娠は難しくなります。卵管が詰まってしまい、不妊となるのです。

 

一人目ができにくかった場合も、排卵障害やホルモンバランスの崩れなどを原因に不妊となりやすいのです。すでに子どもが一人いて育児に大変で、夫婦生活を営む回数が減ってしまっていても、当然二人目不妊の原因となります。二人目が欲しいのになかなか妊娠できないと悩んでいるご夫婦は、一度産婦人科で原因を相談してみるとよいでしょう。